サウンドロゴ・効果音作成~ラジオCM、Web動画、ホームページに最適~


名刺で活用する(名刺から音が出る)

音ろご名刺で個性的な自己PRを。営業パーソンのドアノックツールに!

ビジネスの必需品である名刺は、今や単なる挨拶や連絡先の交換ではなく、
「1枚で自己PRができる重要なアイテム」として認知されています。

そのため、写真やイラスト入り、プロフィール入りなど、内容や素材などを工夫した名刺も
多く見られますが、どれも視覚に訴えるものばかりです。

そこで、「音ろご」では、サウンドロゴ(音)が流れる「音ろご名刺」を制作しています。
これは、聴覚からも自己PRをするという、これまでになかった全く新しい発想です。

このような方にオススメ!

1、お客様に自分を印象づけたい
2、新規顧客獲得につながる名刺を作りたい
3、新サービスやキャンペーンなどの告知する為にノベルティーグッズを渡したい

期待できる効果

1、「音ろご名刺」はインパクトが強いため、同業他社、同業者との差別化を図れます。
2、相手は「それ何ですか?」と興味をもってきますので、そこから自然に話題を
広げていくことができます。
3、音が出るなら何でもよいわけではありません。自社のサウンドロゴだからこそ、
企業のブランディングやイメージアップにつながるのです。
4、ホームページにもサウンドロゴを設置している場合、「弊社のホームページで
同じものが聴けますので、よろしければアクセスしてみてください」とひと言添えれば、
ホームページへの誘導もスムーズです。

名刺での活用法

まずは貴社のサンドロゴを制作し、ボタンを押すと音が流れる仕組を名刺の中に構築します。
名刺交換の際には、社名や名前を名乗る時にスイッチを押し、サウンドロゴを流してください。

「音ろご名刺」そのものを、企業・ノベルティー名刺(グッズ)として相手に渡すことももちろん可能ですが、「音ろご名刺」の上に通常の名刺を乗せるなどしてもご利用頂けます。

音ろご名刺で個性的な自己PRを。営業パーソンのドアノックツールに!

自動車のディーラー、保険、不動産、引越し、リフォーム等の営業など、多数の見込み客に
商品やサービスを売り込みたいというシーンで、「音ろご名刺」は効果を発揮します。

商品やサービスに大差がない場合、お客様が判断するのは「人」や「価格」です。

「どうせなら、この人から買いたい」「この会社に任せたい」と思わせるために大切なのは、最初のインパクト。「音ろご名刺」で話題を作り、スムーズに会話を盛り上げ、相手の”記憶に残る人”になりましょう。

名刺以外にも、会社のパンフレットやお店のカードなど。
個人のサウンドロゴを作ってしまえば政治家などの個人を売りにしている業種(政治家・士業・コンサルティングなど)の方には、とても活用しやすいアイテムです。

その他にもこんな活用法があります。

テレビ、ラジオCMはもちろんのこと、企業や店舗の留守電や保留音、店内放送のエンディングやBGMに、プレゼンテーションの際の壇上で、展示会などのBGMなど。紙媒体ですと会社案内のパンフレット・カード類・音楽系のポスターなど、サウンドロゴの活用シーンは多数あります。
mail mail
トップ 音ろごの活用法名刺で活用する(名刺から音が出る)
このページのトップへ戻る

Oto-logo
Oto-logo