サウンドロゴ・効果音作成~ラジオCM、Web動画、ホームページに最適~


音ろご コラム

~音ろごコラムVol-025~音楽出版社は何故「出版」?
2014年05月27日

メジャーアーティストの楽曲は音楽出版社から配信されますが何故「出版」なのか
疑問に思ったことはありませんか?

 

出版というと本などの紙で作られたものを出版するという認識があるかと思います。

 

そもそも音楽には「この作品を使う権利は著作者(作品の作者)のものですよ」と
いうことを証明する著作権があり、著作権を得るためには著作物の作品を著作権を
管理する団体に登録しなければなりません。

 

今でこそ録音されたCD等の音源を届け出れば登録は可能なのですが、
まだ録音の技術がない時代では楽譜を届け出て著作権を得ていました。

 

当時の音楽出版社から販売されるものも録音された作品ではなく、
楽譜が販売されたりレンタルされたりしていたということです。
つまりもともとは紙を売る文字通りの出版社であって、
その流れで今でも音楽出版社と呼ばれているのです。


mail mail
このページのトップへ戻る

Oto-logo
Oto-logo